最新情報は、上記 Facebookよりご覧ください。

2016年

12月

19日

今年もあと少し

2016年も残すところあと少しとなりました。

今年は関東や九州など全国各地でマドックス製品を採用して頂き、

大変嬉しく思っております。

来年も精進して参りますので、どうぞ宜しくお願い致します。

 

2016年

6月

19日

足腰をリフレッシュしました~♪

足腰をリフレッシュしました~♪

 

といっても人間様の事では無くて仕事で使用しているVW-touranの車でした。

 

人も車も足腰が基本ですからね。

いくら心臓が元気でも足腰が悪ければどこにも行けませんからね。

 

touranも今年で10年目で距離も現在178,000kmになろうとしています。

これまでも同じビルシュタインのダンパーをエナペタルという所でOHを3回して頂きましたが、さすがにバネ自体もそろそろお役御免に・・。

 

で、今回チョイスしたのはBILSTEIN-B12のサスキットにリフレッシュしました〜。

ビルシュタイン製のショートストロークダンパーにアイバッハ製のバネの組み合わせで

往年のビルバッハです。

 

前後のアッパーマウント、ベアリング、リアのバンプラバーも交換です。

また、フロントロアアームブッシュはS3用をチョイス・・応答性をUPしています。

 

作業はいつもお世話になっている宝塚市にあるBASISさんでお願いしました〜♪。

手際よくチョイチョイと作業されていて私も最後まで見ていたかったのですが、

お客様との打ち合わせもありまして(あくまでもこれがメインです)途中までしか見れなかったのが残念でした。

 

アライメント調整も直進性重視でsetして頂きました。

帰りの高速ではもの凄く気持ちよかったですね。

まったく別の車になった感じがしました。

 

車高も程よく下がっていながら、操安性、乗り心地ともバランスが取れているのはさすがにBILSTEIN…懐が深いです。

 

あれから何だかんだで距離も2000kmを越えてサスの動きもスムーズになって来ました。

それなりの費用はかかりましたが、いい買い物が出来たと喜んでいます。
やっぱり良いものはいいですね。

 

これでまた、皆さまのところに元気よくお伺い出来るように準備万端整いました。

 

私もこのような味わい深い木製サッシを製作出来るようこだわりたいと思っています。

 

 

0 コメント

2016年

6月

07日

T様邸にお伺いして来ました。

T様邸にお伺いして来ました・・神戸市北野

ホントにブログ久しぶりです・・怠けていました(反省)。

 

昨年10月に竣工致しましたT様邸に6月にお伺いしてきました。

神戸市北野坂の近くにあって、RC造に草屋根がいい感じで緑化されていました。

 

そして、木製サッシが躯体、廻りの景観に見事に溶け込んでいました。

 

実はT様のお住まいはこれで完成ではありません。

普通は完成してお引き渡しなのですが、もちろん完成していますが、

人と一緒に建物も成長するのがコンセプトと言われていました。

なので、福田さん・・1年後に来られるとどこか変わっているよ・・と。

 

完成したらそれで終わりでは無くて、そこから始まるんだと思います。

人も建物もサッシも・・使われてゆく過程で手を入れながら味わい深くなる。

 

いいですね・・弊社の木製サッシもそのように味わい深くなりたいですね。

 

次は今年の冬頃にお伺いして薪ストーブの暖かさを実感したいですね♪

 

 

 

 

0 コメント

2015年

12月

16日

T様邸が完成しました♪

T様邸が完成しました♪

7月に取付工事をしましたブログをUPしておりましたが、

神戸市の北野異人館近くにあるT様邸が完成致しました。

 

お施主様から写真が送られてきましたのでご紹介させて頂きます。

 

躯体はRC造で木製サッシに草屋根と緑化をされております。

廻りの自然の景色に見事に溶け込んでいますね。

 

写真には写っておりませんが、大きな楠の木が繁っております。

 

サッシの写真の紹介は施工事例に掲載致しますので

そちらの方も是非ご覧ください。

 

この度は写真をありがとうございました♪

 

 

0 コメント

2015年

7月

10日

サッシの取付が終わりました。

木製サッシの取付が終わりました♪

長らくご無沙汰しておりましたブログの更新です。

 

今回は木製サッシを取付している最中のお話です。

写真は神戸市の北野異人館近くにあるT様邸の現場です。

躯体はRC(コンクリート)造ですので溶接止となります。

 

えっ・・木製サッシなのに溶接って・・。

一般的に躯体が木造の場合は木ビスを柱に揉んでサッシを固定致しますが、

RC造の場合は現在ではほとんどが溶接止となります。

 

昔は「木レンガ」というものを躯体コンクリートに打ち込みして木レンガに対してサッシを木ビスにて固定する工法もありましたが、現在ではほとんど行われておりませんね。

 

で、溶接ですが、木に直接は溶接出来ませんのでFB(フラットバー)と呼ばれる

鉄製の板を木製サッシの枠の小口(奥行部)の四周に取付をしてそれにアンカーで

溶接止めを行います。

 

今回は硝子を既に嵌めこみしている状態での作業ですので、

焼けの問題もあってしっかりと養生を行っています。

 

写真は溶接止めをした直後で枠と躯体とのチリ(隙間)がありますので

ここにトロ詰めと呼ばれるモルタルを流し込んでしっかりと固定します。

 

RCに木製サッシは意外に似合うんですよ・・ホントに。

竣工は秋頃を予定されていますので完成後の写真はその時にUP致します。

お楽しみにしておいてください。

 

しかし、神戸の北野異人館界隈は雰囲気が何とも言えません。

日本なのに異国の香りがして歴史を感じさせる処ですね。

 

 

0 コメント

2015年

1月

15日

お施主様からお便りを頂きました♪

昨年の2014年12月に愛知県一宮市のW様からお便りとお写真を頂きました。


2013年12月に竣工・お引き渡しをされて1年を経過されたご感想とお写真をメールで送ってこられました。


全窓を木製サッシにして正解だったとの事・・満足していますと書かれていました。


嬉しいですね・・躯体との納まりを打合せした事、サッシの製作、現場でのサッシ取付工事等が昨日の事のように思い出されます。


頂きましたお写真は施工事例のW様邸PART2として掲載させて頂きました。

ありがとうございました。


木造平屋作りの和風のたたずまいに木製サッシがガラリの意匠ともマッチしています。

当初の案では木製サッシは大開口が中心で全体の約半分程度でしたが、

折角なので全窓木製サッシにしましょうと提案を致し実現した経緯があります。


また、お施主様は設計士様でもありますのでご理解頂くのも早かったと思います。

まだまだ、木製サッシはアルミサッシと比べると認知度は低いと思いますが、

ご使用頂ければ必ずご満足いただける製品だと自負しております。


これからも多くの方との出会いを大切にして木製サッシの良さをお伝えしてゆきます。

W様・・ありがとうございました。


今後ともメンテナンスをされまして末長くご愛用下さるよう願っております。




0 コメント

2015年

1月

08日

2015年・・新年を迎えて

皆様・・新年明けましておめでとうございます。


MADOXは昨年で5年が経ち、2015年からは6年目に入る事が出来ました。

ここまで来られたのもこれも皆様のおかげだと感謝しております。

厚くお礼を申し上げます。


昨年は富山の地元の正栄産業㈱様のご協力を頂きまして

住宅展示場にMADOX木製サッシを採用して頂きました。


多くの方に木製サッシをご覧いただく事が出来ました。

見て触って初めてわかる事たくさんあると思います。

お施主様が笑顔になれる住宅作りのお手伝いが出来れば嬉しく思います。


今後ともこだわりのある木製サッシがご提供出来るように精進致します。


本年も宜しくお願い申し上げます。




0 コメント